最近のダイビング

メニューに戻るindex.html



撮影日:6月16日 撮影場所:ヨナラ・サンドガーデン 天候:晴れ 東よりの風:6m 透視度:20m弱 水温:28度

今日のヨナラは幾分透明度が良くなった。残念ながらマンタの群れには当らなかったけど、(マジュロ、イトカラミ、バラス、ムネシ、タテロク、ハラジロー)6固体のマンタが見れたので良しとしましょう。


撮影日:7月14日 撮影場所:1本目石崎マンタポイント東 2本目ヨナラ・サンドガーデン 天候:晴れ 東北東の風:3m 透視度1本目15m2本目10m 水温:28度

1本目の石崎の透明度は昨日より悪く、マンタも70分過ぎにやっと現れた(オリオン)が素通りであっという間に見えなくなったよ。午後はヨナラで潜ったのだが、此方のほうが透明度が悪かった。それでもマンタは7固体はでたかな?気になるゲストがいたのでなかなかマンタのアザの確認をしている余裕が無かったよ。透明度が良ければ申し分なくいい感じだったけどね。


撮影日:7月13日 撮影場所:石崎マンタポイント 天候:晴れ 東よりの風:5m 透視度:20m前後 水温:29度

1本目マンタが出るまで40分程かかりましたが、今日のマンタ(ニフティー)はおとなしかったな〜。貸切で写真は撮り放題でした。久しぶりにスッキリでした。午後はマンタは出なかったけど、ヒメアイゴの大群で1ダイブ過ごしました。


撮影日:7月8日 撮影場所:石崎マンタポイント 天候:晴れ 南東の風:3m 透視度:10m 水温:29度

せっかく新しく芽生え始めたサンゴが、白化しているのが目立ち始めましよ。連日水温29度。30度の時もあるから仕方ないかな、、、。さて1本目東側で潜り、午後は西側にマンタを求めて潜ったけどまったく気配もなかったぜ。参った。
明日は強烈な台風8号の対策で海は休みます。


7月7日朝は大雨が降っていたけど、午後から雨が止み、急遽石垣にito maruを持って行き諦めていたオイル交換を済ませました。これで時間にして250時間、8月末までは使えるでしょう。スッキリ!

7月6日。今日も石垣島・竹富島は朝から大雨が降っています。風も強く今日もダイビングは中止にしました。他のショップは潜ってしまえばヘッチャラーと元気に潜っていますけどね。僕は駄目だ〜。
今日明日と船のメンテナンスの予定を入れていたけど、この雨では無理だね。新艇のエンジンオイル及びギアーオイルは初回は50時間で交換が望ましい。今58時間程経過している。早くしたいんだけどね。明日は曇り予報なので明日にかけよう。


撮影日:7月3日 撮影場所:石崎マンタポイント東 天候:晴れ 南西の風:10m 透視度:20m 水温:29度

ポイントに着いた時はそれ程荒れてはなかった。西側は満船のため、東側でエントリー。毎度の事ながら殆ど貸切状態でしたよ。マンタは(オッサン)1匹だけでしたが10分ほど一緒に付いて泳げたよ。船に上がったら海は大時化になっていた今日は1本で午後はお休みにしました。


撮影日:7月2日 撮影場所:竹富島南・小浜島南 天候:晴れ 西よりの風:4m 透視度:15m 水温:29度

アウトリーフは波が高くて潜れないので、インリーフで2ダイブ潜って来ました。早くウネリが取れて欲しいな〜。


撮影日:7月1日 撮影場所:黒島 天候:曇り 北よりの風:8m 透視度:20m 水温:30度

台風7号の接近で島の北側はおお時化。南側もウネリが入って潜る所も少なく、今日は黒島V字でマクロ系を見て2ダイブ。TG4とは言えなかなかピントを合わせるのが難しい。


撮影日:6月30日 撮影場所:鹿の川仲の瀬 天候:晴れのち曇り時々雨 南西時々北西の風:2m 透視度:18m 水温:29度

連日プレッシャーのかかるゲストが続いています。今日は1日だけのゲストと、28年振りに息子を連れて潜りに来たゲスト。台風が接近中なので風向きやらウネリなどを考慮して、、、。朝海の状態を見周り北側はべた凪、南側は少し白波が上がっていた。
取り合えず石崎に向っては見たけど、次第に北よりの風が強くなり、途中Uターンして鹿の川に向かうことにした。最近仲の瀬に潜っていないので心配では有ったけど、マンタ(カオジュニア)が出ました。しばし遊んで貰えて肩の荷が下りた。。


撮影日:6月29日 撮影場所:石崎マンタポイント西 天候:晴れ 南よりの風:3m 透視度:20m弱 水温:29度

1本目はサンゴを求めて西表島付近をダイビングして2本目は石崎に移動。今日も西側は船だらけ。東で潜ってみたけど、残念ながらマンタは出なかった。同じ頃、西側もマンタは出ていないとの事だった。本来ならこのまま帰る処だけど、今日のゲストはフランスから潜りにきたフラン人。何としても見せてやりたい気持ちが勝って、サービスで3本目を潜ることにした。エントリーして40分過。(テレビドラマでは無いけど)殆ど諦めて居た時。出た〜(バラス)が僕らに向かって来たよ。いや〜近くで見せられて良かった。


撮影日:6月28日 撮影場所:am石崎マンタポイント東・pm西 天候:晴れ 南東の風:4m 透視度:25m 水温:29度

1本目西側のポイントも空いてはいたけど、素潜りの船が3隻もいたので潜るのを止め東側で潜ることにした。エントリー早々マンタ(サンゴ)が現れたけど残念ながらホバーリングはしなかった。午後は西側がガラ空きだったので移動して潜ったんだけど、遠くにチラッと見えただけゲスト達には見せられず。結局小カメだけでした。今日はトホホーなダイビングだった。


撮影日:6月26日 撮影場所:石崎マンタポイント東 天候:晴れ 南東の風:2m 透視度:18m 水温:29度

朝から石崎マンタシティー?は5隻泊ってた。尚且つ待機線が2隻居たので西の西で潜ろうかととも思ったけど、合えて東側で潜ることにした。東側も3隻居たけど水中ではダイバーには殆ど会わず。いや〜良かったよ。潜って早々にマンタ(テンビン、コメダルマワン)2匹が連なってお気に入りの根をウロウロ。30分貸切のでした。その後西の方に行ってしまった後少し探すと(デカアザ)が登場です。この出が悪い時にいい思いをしたのは当方だけかな??他はもっといい思いをしているかな??


撮影日:6月25日 撮影場所:石崎マンタポイント西 天候:晴れ 南よりの風:4m 透明度:20m 水温:29度

午前中石崎マンタポイント西にて70分潜ったけどマンタは見れず。午後も西側で潜り、40分待ちでやっと1匹現れたマンタ(マト)ほんの2,3分でしたが頭上を通過してくれたので何とか2カット写真が撮れました。しかし素もぐりのショップは酷いな〜。平気でホバーリングの根にアンカーを掛けるし、我々が潜っている頭の上をゾロゾロ付いてくる。うっとうしくてストレスが溜まるよ。


撮影日:6月24日 撮影場所:ヨナラ・サンドガーデン 天候:晴れ 南よりの風:4m 透視度:15m前後 水温:28度 

久しぶりにヨナラ水道にてドリフトダイビングでしたが、透明度悪かったな〜。1本目マンタは(イッテンニーサン、V2、マンイチ、タテゴト、シーサン、テンテン、タテロク)7匹出たんだけど一瞬て感じだった。2本目に期待したけど、透明度は相変わらず悪くてマンタは出ませんでした。マダラエイだけでは駄目ですね。こんな結果なら石崎の方がよっぽど良いかも。


撮影日:6月22日 撮影ポイント:石崎マンタポイント西 天候:晴れ 南よりの風:5m 透視度:20m 水温:28度

今日は午後から行って来ました。西側で20分程ポイント待ちしてエントリー。マンタは(サンゴ)1匹だけだったけど30分ほぼ貸切の齧り付きで見てきました。言う事なしですね。


撮影日:6月21日 撮影ポイント:1本目石崎マンタポイント東2本目石崎マンタポイント西 天候:晴れ時々曇り 南よりの風:4m 透視度:25m 水温:28度

1本目エントリーして70分過ぎにマンタ(1テン23)が出たけど、すでにゲスト達は船の上でした。 プレッシャーのかかる2本目は西側に移動してダイバーの少ない時にエントリー。エントリー早々(まだゲストは潜っていない)船の下をマンタが通過。
(サンシン)あちゃ〜。全員エントリーしてメインの根に行ってみたがマンタの姿は無かった。頭の中は嫌な予感が過ぎりましたが西の根に移動すると、出た〜。(テンビンセブン)がホバーリングをしていましたぜ。20分以上はかぶり付きでしたね〜。
その後、東のほうから2匹(ネーサンダルマ)は分かったけど後ろの痣を見るのを忘れてしまった。慌てて確認しに行ったけど?(ヤジリ)だったかも?自信がない。


撮影日:6月20日 撮影ポイント:石崎マンタポイント西 天候:曇り 南西の風:6m 透視度:18m 水温:28度

相変わらず南寄りの風が吹き荒れています。今日は久しぶりに石崎マンタポイントに行って来ました。透明度は悪かったけど、マンタは(サンシン、サンコン、ニフティー)3匹見れたよ。


撮影日:6月13日 撮影場所:1本目大崎亀ポイント2本目石崎マンタポイント東 東寄りの風:5m 透視度:15m 水温28度

今日も天気がすっきりしません。東寄りの風が強くて行きたいポイントに行けず。1本目は大崎亀ポイント潜ってきました。亀は2匹気持ちよさげに寝ていましたね〜。2本目は何とか石崎マンタポイントに潜ることができました。透明度は悪かったけどマンタは(J1)がでました。大きな亀も爆睡中。


撮影日:6月12日 撮影場所:鹿の川中ノ瀬 天候:晴れ 北寄りの風:5m 透明度:20m弱 水温:30度

今日は鹿の川に行って来ました。(昨日午前中から北風が相当吹いたので、南からのうねりは殆ど無いかな?て予想していたのですが、飛んでも無かった。潜る所があるなら戻りたかったよ。アンカーのロープの長さを普段の倍に伸ばしたけど、返しのうねりでアンカーがひっくり変える。マンタ所ではなかったよ。アンカーで30分それでも心配だったから僕はアンカーの守。(お京がゲストとマンタ探し4匹いたらしい)午後はアンカーはガッチリ掛かっているのでマンタ探しに没頭できた。確認できたマンタは(エス、シーホース、チャー)の3匹。


撮影日:6月6日 撮影場所:鹿の川中ノ瀬 天候:晴れ 北の風:4m 透視度:15m 水温」29度


メニューに戻るindex.html